表示されるまで、しばらくお待ち下さい。
山の思い出
山の思い出
―朝日賢一 山の写真展―


このWebページの写真の著作権は朝日賢一とかりさんにあります。
権利者の許諾なく無断使用や無断複製することを禁じます。
Copyright (C) 2002 Ken'ichi Asahi and Kari-san. All rights reserved.


スイス紀行('01海外夏山編)

8日目
日付 天気 行程(現地時間) 宿泊
8 2001/7/12
(木)
グリンデルワルト→(7:19登山鉄道7:54)→クライネシャイデック→(8:02登山鉄道8:53)→ユングフラウヨッホ→(登山鉄道)→クライネシャイデック〜(ハイキング)〜ヴェンゲルンアルプ→(登山鉄道)→ヴェンゲン→(ロープウェイ)→メンリッヒェン〜(ハイキング)〜クライネシャイデック→(登山鉄道)→グリンデルワルト シュヴァイツァーホフ

8日目(4of6) ヴェンゲルンアルプ→メンリッヒェン〜クライネシャイデック

 ヴェンゲルンアルプからヴェンゲンまでは登山鉄道で降り、 ヴェンゲンからメンリッヒェンはロープウェイで登り返す。 乗り物がいろいろと張り巡らされているので、このような楽しみ方ができる。 さすがは観光大国。

Photo by Ken'ichi Asahi
 ヴェンゲンの駅からはユングフラウが望める。


 メンリッヒェンで昼食。 ここでもツェルマットで買ったガスセットが大活躍。 天気のよい中、アイガー、メンヒ、ユングフラウの三山を眺めながらの食事。 最高の気分。

 メンリッヒェンからはクライネシャイデックまでハイキングして戻る。 昨日は何も見えなかったけれど、今日は素晴らしい眺め。 そして、あたり一面、花、花、花。

Photo by Ken'ichi Asahi
 ロープウェイを降りると目の前にベルナーオーバーラント三山。

Photo by Ken'ichi Asahi
 展望台からは素晴らしい眺め。

Photo by Ken'ichi Asahi
 昼食の合間に1枚。

Photo by Ken'ichi Asahi
 遠くにヴェッターホルン(3701m)、眼下には小さくグリンデルワルト村。

Photo by Ken'ichi Asahi
 アイガーを正面に見ながら歩く。 ここもコースは十分に整備されており、山初心者でも大丈夫。


Next → [8日目(5of6)]



E-mail: asaken@mb.infoweb.ne.jp