表示されるまで、しばらくお待ち下さい。
山の思い出
山の思い出
―朝日賢一 山の写真展―


このWebページの写真の著作権は朝日賢一とかりさんにあります。
権利者の許諾なく無断使用や無断複製することを禁じます。
Copyright (C) 2002 Ken'ichi Asahi and Kari-san. All rights reserved.


スイス紀行('01海外夏山編)

8日目
日付 天気 行程(現地時間) 宿泊
8 2001/7/12
(木)
グリンデルワルト→(7:19登山鉄道7:54)→クライネシャイデック→(8:02登山鉄道8:53)→ユングフラウヨッホ→(登山鉄道)→クライネシャイデック〜(ハイキング)〜ヴェンゲルンアルプ→(登山鉄道)→ヴェンゲン→(ロープウェイ)→メンリッヒェン〜(ハイキング)〜クライネシャイデック→(登山鉄道)→グリンデルワルト シュヴァイツァーホフ

8日目(1of6) グリンデルワルト→ユングフラウヨッホ

 早朝、朝焼けの山を期待しつつ早起きするも、朝焼けにはならず。 でも今日は朝から快晴。 こんな日は早く動くに限る。 ホテルの朝食もパスし、朝一番の列車へと急ぐ。 早朝にもかかわらず駅は人でいっぱいで、みなこの快晴に顔が輝いている。

 クライネシャイデックで乗り換えてユングフラウヨッホへ。 ユングフラウヨッホでは氷の宮殿でその冷たさを楽しんだり(本当に寒かった)、 プラトー展望台で標高3500mの空気を楽しむ(風が凄かった)。 ひととおり楽しんだら朝食。 さすがに少し眠かった。

Photo by Ken'ichi Asahi
 登山鉄道からアイガーを望む。

Photo by Ken'ichi Asahi
 朝のきれいな風景。

Photo by Ken'ichi Asahi
 アイガー北壁から太陽が顔を覗かせる。

Photo by Ken'ichi Asahi
 途中のアイスメーア駅からの氷の風景。

Photo by Ken'ichi Asahi
 今にも崩れ落ちそうな氷河が目の前に。

Photo by Ken'ichi Asahi
 プラトー展望台からアレッチ氷河。

Photo by Ken'ichi Asahi
 トップオブヨーロッパ。 雪と氷と岩の世界。 太陽がまぶしい。


Next → [8日目(2of6)]



E-mail: asaken@mb.infoweb.ne.jp