表示されるまで、しばらくお待ち下さい。
山の思い出
山の思い出
―朝日賢一 山の写真展―


このWebページの写真の著作権は朝日賢一とかりさんにあります。
権利者の許諾なく無断使用や無断複製することを禁じます。
Copyright (C) 2002 Ken'ichi Asahi and Kari-san. All rights reserved.


スイス紀行('01海外夏山編)

6日目
日付 天気 行程(現地時間) 宿泊
6 2001/7/10
(火)
曇>晴>曇 ロートホルンクルム〜(ハイキング)〜トゥーレン→(14:30バス)→ルンゲルン→(15:30列車16:30)→インターラーケンオスト→(17:35列車18:09)→グリンデルワルト シュヴァイツァーホフ

6日目(3of8) ロートホルンクルム〜ブリエンツァーロートホルン〜シェーンビュール

 チェックアウトも無事終え、さあハイキングに出発! と思ったらにわかに天気が怪しくなり、小雨もパラパラ降ってきた。 雨になるのだったらハイキングをやめて、SL登山鉄道で戻ろうかとも迷う。 でもせっかくここまで来たのだし、雨が降ってもいいや!と結局行くことに。

 しかし途中からは天気も持ち直し、夏らしい晴天に。 天気はいいし、景色はいいし、周りには可憐な花々が咲き乱れ、 その中を歩いていく気分はそれはもう最高。 これぞスイスのハイキング!という感じだ。 道行く人々も「ハロー」「グーテンターク」「ボンジュール」などと、 それぞれの国の言葉でみんな笑顔で上機嫌。

 コースは急斜面をジグザグに降りたり登ったり、 残雪を横切ったり、と山に慣れていない人には少し難しいかも (パンフによるとこのコースは一般向けではなく健脚向けとなっている)。 でも道そのものはものすごく整備されてて歩き易く、山を始めたい人にはうってつけかも。 天気のいいときにここを訪れた人は、誰もがみな山の虜となってしまうだろう。

 このコースでは私たち以外の日本人には誰一人として合わず、日本語も聞かず、 はじめて本当に海外を旅行している気分になれた。

Photo by Ken'ichi Asahi
 列車がすれ違っているのが見える。 後ろはブリエンツ湖。

Photo by Ken'ichi Asahi
 蒸気機関車が客車を押して登ってくる。

Photo by Ken'ichi Asahi
 この尾根を歩いていく。 細かいアップダウンがあり、なかなかハード。

Photo by Ken'ichi Asahi
 かなり急勾配の降り。

Photo by Ken'ichi Asahi
 眼下に小さくブリエンツの町。


 このコース、本当に花が多い。

Photo by Kari-san
Photo by Kari-san

Next → [6日目(4of8)]



E-mail: asaken@mb.infoweb.ne.jp