表示されるまで、しばらくお待ち下さい。
山の思い出
山の思い出
―朝日賢一 山の写真展―


このWebページの写真の著作権は朝日賢一とかりさんにあります。
権利者の許諾なく無断使用や無断複製することを禁じます。
Copyright (C) 2002 Ken'ichi Asahi and Kari-san. All rights reserved.


スイス紀行('01海外夏山編)

5日目
日付 天気 行程(現地時間) 宿泊
5 2001/7/9
(月)
晴>曇 ツェルマット→(9:10列車10:33)→ブリック→(11:00列車12:03)→シュピーツ→(13:00列車13:20)→インターラーケンオスト→(13:30列車13:47)→ブリエンツ→(14:10SL鉄道15:05)→ロートホルンクルム ホテルロートホルンクルム

5日目(1of3) ツェルマット→ブリエンツ

 早朝、朝焼けのマッターホルンを期待しつつ早起きするも、朝焼けにはならず。 天気は昨日の朝と同様に気持ちのよい快晴なのだが、今日はツェルマットを後にする日。 天気がよいだけに今日移動するのはやはり残念である。

 ホテル1Fのレストランで雰囲気を楽しみながら、名残を惜しみつつ朝食を食べ、 その後アルプスウェイの人と合流。 荷物はブリエンツァーロートホルンに持っていく当面必要なものだけを入れたザックと、 ライゼゲペックを利用してグリンデルワルトに別送するスーツケースとに分けた。 ライゼゲペックというのは駅から駅への荷物配送サービスであり、 今日と明日は荷物を軽くしてブリエンツァーロートホルンを身軽にハイキング、 明日の夕方に重い荷物はグリンデルワルトで受け取る、という作戦である。 もちろん手続きはアルプスウェイの人にしてもらった。 何から何まですみません。

 アルプスウェイの人とも別れ、シュピーツへ出発。 さよならツェルマット、さよならマッターホルン。

Photo by Ken'ichi Asahi
 途中で列車を乗り換えたブリック駅の駅前の町並み。

Photo by Ken'ichi Asahi
 スイスの駅はどの駅もホームが低く、人が普通に降りて、歩いて渡れるような状態。 だから渡っちゃダメと、こんな看板が立っている。


 シュピーツは本当に美しいところであった。 湖の色はどこまでもエメラルド色で、湖畔には古城。 時間があればゆっくり見学をしたいところであったが、 乗り換え時間の関係で昼食を食べる時間しかなかったのは残念。

 昼食は駅近くのショッピングセンター内のカフェテリアに行った。 テイクアウトスタイルであったがレジの清算もスムーズに終えることができ、 ようやく私たちも独語に慣れてきたようである(意味はいまだ分からないが、雰囲気だけは…)。 メニューは日本ではお目にかかれないものばかりで美味しかった。

Photo by Ken'ichi Asahi
 シュピーツの駅前からは、トゥーン湖が一望できる。


 ブリック、シュピーツに続けてさらにインターラケンオストで乗り換え。 今日は私たちだけで乗り換えしなければならないところが多く、不安だったがなんとかなった。

Photo by Ken'ichi Asahi
 シュピーツ−インターラケンオスト間で乗った2階建て食堂車付き特急。

Photo by Kari-san
 インターラケンオスト−ブリエンツ間で乗った特急。

Photo by Ken'ichi Asahi
 車窓からブリエンツ湖。 スイスの湖はどこもとても美しかった。


Next → [5日目(2of3)]



E-mail: asaken@mb.infoweb.ne.jp