表示されるまで、しばらくお待ち下さい。
山の思い出
山の思い出
―朝日賢一 山の写真展―


このWebページの写真の著作権は朝日賢一とかりさんにあります。
権利者の許諾なく無断使用や無断複製することを禁じます。
Copyright (C) 2002 Ken'ichi Asahi and Kari-san. All rights reserved.


スイス紀行('01海外夏山編)

4日目
日付 天気 行程(現地時間) 宿泊
4 2001/7/8
(日)
晴>曇 ツェルマット→(地下ケーブルカー)→スネガ→(ゴンドラリフト)→ブラウヘルト→(ロープウェイ)→ウンターロートホルン〜(ハイキング)〜スネガ→(地下ケーブルカー)→ツェルマット→(登山鉄道)→リッフェルベルク→(登山鉄道)→ツェルマット ミラボー

4日目(6of6) グリンジゼー〜スネガ→ツェルマット→リッフェルベルク→ツェルマット

 グリンジゼーからはライゼー(ライ湖)を通ってスネガへ。 スネガからは地下ケーブルカーでいったんツェルマットに戻る。

 昨日の分も取り返すべく、登山電車でゴルナーグラートに登り返そうと思い 切符を買おうとすると、切符売り場のおばさんが「!%"$#$#"%!%"$#」??? 理解できないで困っていると、おばさんが天井のモニタを指差した。 モニタは真っ白だったが、どうやらこれが山の上の天気らしい。 つまり、雲の中なので行っても無駄ということか。 それならばと、雲の下のリッフェルベルクまで行くことにする。 私たちも本当に山好きである。

Photo by Ken'ichi Asahi
 登山電車から一枚。

Photo by Ken'ichi Asahi
 雰囲気のある道標。


 リッフェルベルクでは羊たちとの出会いが待っていた。 顔の毛が真っ黒で、目や口や鼻がどこにあるか全く分からないかわいらしい羊たち。 子羊は数分間じっとしていて写真のモデルになってくれたし、 気が付くと大きな群れに周りを取り囲まれていたり、と楽しい時間を過ごした。 悪天候でも来てよかった。

Photo by Ken'ichi Asahi
Photo by Kari-san
Photo by Ken'ichi Asahi
Photo by Ken'ichi Asahi

 登山電車で再びツェルマットに戻ることにする。

Photo by Ken'ichi Asahi
 帰りの電車からはアルペンマーモットも見ることができた。 (分かるかな?中央左下のあたり、できれば間近で見たかった…)

Photo by Ken'ichi Asahi
 ツェルマットの古い町並み。


 夕食は日本から持ってきたレトルト。 早くも日本食が恋しくなっている。


Next → [5日目(1of3)]



E-mail: asaken@mb.infoweb.ne.jp