[back] [index] [next]
9月14日
天候)朝方:晴れ 昼間:晴れ 夕方:濃霧と強風 夜間:濃霧と強風、地震2回
行程)常念小屋→常念岳(2,857m)→蝶ヶ岳(2,664m)→蝶ヶ岳ヒュッテ
 早朝3時常念岳山頂で日の出を見るために起床。 朝食代わりの弁当を食べる。 体はまだ眠っている状態なので非常に気分がよくない。 4時に山小屋を出発。 山岳ガイドには1時間で山頂と書いてあったが、そんなのは嘘だ。 こんな急な登山道を1時間で行くなんて。 とにかく日の出に間に合うように息を切らしながら急ぐ。 私はこんな所で一体何のためにこんなことをしているんだろう。 もうやめて帰ってしまおうか。 そんな考えが一瞬過ぎる。 1時間15分後山頂着。日の出には間に合った。本日第3登。 今日は空に水分が多いらしくいまいちもやっている。 そんな中太陽が屈折しながら昇ってきた。

 …

 常念岳の下りはとにかく急で、大荷物の私にはとても恐い。 今日もここで怪我人が出た。 慎重に、慎重に下る。 下りきったと思ったら今度は蝶ヶ岳への登りだ。 今日のコースはアップダウンがきつい。

 …

 蝶ヶ岳着。 ここは登山者の楽園である。 だれもかれもがのんびりとそれぞれの時間を楽しんでいる。 目の前には梓川の谷を挟んで槍穂高がどかんと目の前にある。 背後には安曇野が広がっている。 だた風だけがやさしく稜線を駆け抜けて行く。

 …

 夕方頃から濃霧と強風。 台風が近づいているそうだ。 こういうときは幸運でありさえすればものすごい光景が見られることがあるが今日はだめみたいだ。 明日の朝に期待しよう。


[back] [index] [next]

E-mail: asaken@mb.infoweb.ne.jp