[back] [index] [next]
12月29日
天候)晴れ
行程)神戸→茅野→渋ノ湯
 早朝、神戸を発ち茅野まで電車、茅野より渋ノ湯までバスで移動する。 バス内より北の蓼科山から南の権現岳まで雪を被った八ヶ岳の全容を見ることができた。 目指す黒百合平を地図と見比べながら探す。

 今回が初めての本格的な雪山である。 しかも単独行。(非常に危険なので絶対真似をしないように。) このような危険を冒してまで私を山に駆り立てるものは一体何であろうか。

 そうこうしているうちに終点の渋ノ湯に着く。 今夜はそこにある渋御殿湯に泊まる。 今日のうちに入山届を提出、目指す山が夕日に映えて美しい。


12月30日
天候)曇時々小雪
行程)渋ノ湯→黒百合ヒュッテ


 翌朝、前日とは打って変わって天気は曇りで山は雲の中である。風も強い。 正直いって不安である。このまま帰ろうかとも思った。 念のため天気予報を確認すると山上だけ雲がかかっているようであり 天気が大崩れする心配はない。

 朝一番のバスが夜行列車で来た登山者を乗せてきた。 みな手慣れた手つきで荷物を整え出発して行く。 私はなかなか出発する決心がつかない。 ぐずぐずしている間に私ひとりだけが取り残された。 覚悟を決め出発する。

 登り始め、どこでアイゼンをつけてよいやら分からないのでそのまま登る。 登山道が凍っていてツルツル滑る。怖い。 下山者が下りてきた。 おや、アイゼンをつけている。 それじゃ、私もとアイゼン装着。

 アイゼンをつけると意外と快調である。 2,125mまでの急登区間を一気に登る。 これは楽だなと思っていたら、ここから黒百合ヒュッテまでの道が長かった。 足取りも重くなり、このままだと疲労凍死するのではないかとドキドキハラハラしながら、 なんとか黒百合ヒュッテ着。

 しばし休憩の後、中山峠へ。 ここは風が強いし、とても寒い。帽子が飛ばされそうになる。 岩も木々も凍り付いている。 木々が風で擦れあってキュイキュイと音を立てている。 今日のテーマは「凍」と決め撮影開始。 が、あまりの寒さに一旦ヒュッテに引き返す。

 ヒュッテに引き返し昼食を食べる。 昼食を食べたら元気が出てきた。 再び中山峠まで撮影に出る。

 ヒュッテに帰り、布団割り待ちしていると、ネット友達のラインハルト夫妻が訪ねてきてくれた。 mailで私の行動を連絡してはいたものの会えるとは思っていなかったのでとても嬉しい。 こんなところで知っている人に会えるとは。しばし談笑。

 この日の晩、ヒュッテでは宿泊者に南米音楽の演奏をしてくれた。 毎年行われているらしい。 なんとも言えない心地よい音色である。


12月31日
天候)曇時々小雪
行程)黒百合平→中山(2,496m)→黒百合平→ニュウ(2,352m)→黒百合ヒュッテ


 天気が悪いので早朝の撮影は止める。 ゆっくりと朝食をとり中山へ向かうことにする。 ニュウへの分岐点を過ぎると、今日付けられた踏み後はなく、 どうやら私がこの道の今日初めての通行人のようである。 非常に気分がよい。中山山頂を過ぎ、中山展望台へ到着。

 ここは冷たい強風の通り道。 あっという間にカメラ、三脚など金属でできているものには見る見る霧氷が付いていく。 こんなのは初めて見た。 これぞ「凍」にふさわしい。

 撮影しているとラインハルト夫妻と再開。 ご夫妻は白駒池へ向かうらしい。 私はヒュッテに戻り昼食をとる。

 昼食をとり元気を取り戻すと、今度はニュウへ行くことにする。 寒さにもだいぶ慣れてきて、あたりを見渡す余裕が出てきた。 こんな極寒の中でも生きている木々がとても素晴らしく思えてきた。 それに雪もそんなに冷たく感じなくなり、逆に温かささえおぼえてきた。 今日のテーマは「メルヘンの森」と決める。

 ヒュッテに戻ると三度ラインハルト夫妻と再開。 今日は夕日がきれいなので、ラインハルトさんは高台へ撮影に緊急発進された。 私は正直疲れていたのと布団割りの時間が迫っていたので撮影は止めようと思ったが、 高台の中腹から2カットだけ写真を撮る。

 小屋の人と話しをしていると、今年も雪がかなり少ないらしい。 地球温暖化の影響がこんなところにも顕著に現れているようである。 今後地球がどうなっていくのかちょっと心配である。

 今日もヒュッテでは南米音楽の演奏が行われていたが、私はラインハルト夫妻のテントを訪れる。 しばし談笑。 いつもは山小屋で夜の時間を持て余すのだが、この日は時間がどんどん過ぎていった。


1月1日
天候)晴れ
行程)黒百合平→渋ノ湯→茅野→帰途


 今日はお正月にふさわしく晴天である。高台に登り朝日を撮影することにする。 99年1月1日午前7時、この美しい北八ヶ岳の森で東から昇る幻想的な朝日と共に、 私の一年は始まりました。 (ただし、カメラの露出計の不調でちゃんと朝日はちゃんと写せませんでした。残念。)

 一緒に撮影していたラインハルト夫妻は天狗岳へ行かれるとのこと。 私は天狗岳に登るだけの実力はないので、しばらく高台で撮影の後、 ヒュッテへ昼食をとりに下りる。

 昼食後、再び高台へ。 晴天の中、天狗岳が太陽の日に照らされて美しい。 撮影していると、ラインハルト夫妻が天狗岳から下りてこられた。 山頂は強風のため無茶苦茶寒かったらしい。 行かなくてよかったと内心思う。 夫妻は昼食をとりにヒュッテへ。 私は高台でしばらく撮影していたが、 帰りのバスの時間が迫ってきたので名残惜しいが下山を開始。 途中、ヒュッテに寄り、ラインハルト夫妻と最後の挨拶をする。

 復路は往路と違って天気もよく体調も万全、全く快調に下山できた。 今回は非常に楽しかった。 また、来ようと思う。


[back] [index] [next]

山行記
E-mail: asaken@mb.infoweb.ne.jp