表示されるまで、しばらくお待ち下さい。
山の思い出
山の思い出
―朝日賢一 山の写真展―


このWebサイトの写真の著作権は全て朝日賢一個人にあります。
権利者の許諾なく無断使用や無断複製することを禁じます。
Copyright (C) 2012 Ken'ichi Asahi. All rights reserved.


私が登った山(と地域)ベスト10

1994年夏から登山を始めて18年。
今までに「私が登った山(と地域)ベスト10」を作ってみました。
普通の人なら槍穂高、剱、キレットとか出てきそうですが
穏やかな山ばかりなのは私らしいところ。

第10位 立山(北アルプス)
過去2回訪問
晩秋に降雪があった時に登り
思わぬ雪上歩きになって楽しめた思い出があります。
さすがは3000mある山です。
夏に行ったことがないので、いつかは行ってみたいです。
2011年10月のときの写真より
 

 

 

 

 


第9位 雲ノ平(北アルプス)
過去2回訪問
夏と秋に行きましたが両方とも天気が良く素晴らしい景色に出合えました。
日本最後の秘境と呼ばれるだけの場所でした。
北アルプスのど真ん中でのノンビリ感がたまらないです。
2011年9月と2012年7月のときの写真より
 

 

 

 

 


第8位 白馬岳(北アルプス)
過去1回訪問
ここはとにかく花が多くてビックリしました。
ハクサンコザクラの群落が特に印象的でした。
お花畑に残雪、展望の良さと見所いっぱいです。
1回しか行っていないので、夏にまた行きたい場所です。
2000年8月のときの写真より
 

 

 

 

 


第7位 ブリエンツァーロートホルン(スイス)
過去1回訪問
ツェルマットやグリンデルワルトにも行きましたが
日本でいう上高地や室堂のような観光地の感じで今一欲しいイメージと違いました。
が、ここはローカルな山で純粋に山歩きを楽しめました。
ブリエンツからロートホルンクルムまで小型の蒸気機関車で上がり
肩の小屋に泊まって翌日トゥーレンまで山歩き、
そこからルンゲルンまでバスで下りました。
各国からトレッカー達が集まり各国の言葉で挨拶を交わしたのが楽しかったです。
他の地域は日本人客が多くいて外国に来たという感じが薄かったのですが
ここは日本人客は私達だけ。
海外の山に来たという嬉しさが一倍強かったです。
ここは花が沢山咲いており日本でいうと白馬岳に相当するイメージでした。
7月のスイスに行ったならここを歩くのがお奨め。
2001年7月のときの写真より
 

 

 

 

 


第6位 涸沢(北アルプス)
過去4回訪問
三方を名峰に囲まれた登山基地。
私はここより上に登ったことはありませんが、
ここにいるだけでも十分楽しめます。
特に秋は絶景。(その分、人も多いのでテント泊がお奨め。)
1995年7,9月と1996年10月のときの写真より
 

 

 

 

 


第5位 吉野山(奈良県)
過去8回以上訪問
桜といえばここ。
桜の花はもって3日なので、毎年違った表情を見せてくれます。
桜景色の美しさは、日本一だと思っています。
2012年4月のときの写真より
 

 

 

 

 


第4位 蝶ヶ岳(北アルプス)
過去17回訪問
残雪期に私の技量で安全に登れる山ということで何度も訪れています。
(とはいえ雷に襲われたり、凍死事故が起きたりしているので油断はできませんが。)
雪を被った槍穂高の展望が素晴らしいです。
朝の安曇野側の景色も見逃せません。
2009年4月と2011年4月のときの写真より
 

 

 

 

 


第3位 北横岳(北八ヶ岳)
過去24回訪問
冬に私の技量で安全に登れる北八ヶ岳の山。
雪原と化した坪庭。
雪をまとった樹林帯。
山頂からの展望と見所いっぱいです。
2012年2月のときの写真より
 

 

 

 

 


第2位 燕岳(北アルプス)
過去16回訪問
私が初めて登った山。
北アルプスの女王と呼ばれるだけあって山の美しさは一級です。
周りの展望も素晴らしい。
何度行っても飽きません。
2005年7月と2010年8,9月のときの写真より
 

 

 

 

 


第1位 大天井岳(北アルプス)
過去10回訪問
山頂からの眺めが私の一番好きな場所です。
槍穂高の勇姿、安曇野の雲海。
私の心が一番浄化される山です。
2008年9月と2009年9月のときの写真より
 

 

 

 

 


さて、次はどこに行こうかな。
2012年9月6日



E-mail: asaken@mb.infoweb.ne.jp