[back] [index] [next]
5月5日朝
天候)朝方:晴
場所)蝶ヶ岳稜線上
 未明、周りのガサガサする気配で目が覚める。 常念へ縦走する人達であろうか。 私もいつもの山行どおり、外へ出る準備をする。 外はまだ暗いが星が出ている。

 小屋の外へ出ると、目の前には雲一つない雪を被った槍・穂高の、 夜明け前の青紫色に染まる大パノラマが展開している。 壮大にして荘厳。
 東側はこれはまた絶景。 小規模ながら雲海が安曇野の上を覆い、雲も適度に発生している。 日が昇ってくる辺りは赤く色付き始めている。

 これから約2時間、 山と空の色が次々と幻想的に変わっていく壮大なショーをここから見物させてもらおう。 今回はこれを見に来たのだ。


[back] [index] [next]

山日記
E-mail: asaken@mb.infoweb.ne.jp